キャッシングの返済にまつわる基本を知っておこう

キャッシングで借り入れをしたお金は、自分にあった方法を選んで返済ができます。

 

キャッシング自体は比較的簡単にできますが、返済こそ重要です。後で困ったことにならないように、返済にまつわる基本的な知識を覚えておきましょう。

 

意外と知らない「繰り上げ返済」のメリット

たいていのキャッシング会社では、「口座からの引き落とし」か「ATMから入金」での返済方法を好きに選ぶことができます。

 

どちらの方法でも、毎月設定された返済日に、定められた返済最少額を入金する必要があります。

 

ここまではキャッシング未経験の人でも何となく想像もつくと思います。

 

しかし、利息を減らす為に、繰り上げ返済という手段があることを知らない人は意外と多いです。

 

元金残高が減少すれば最終的に払わなければならない利息が減りますからね。ほとんどのキャッシング会社で繰上げ返済が可能です。

 

ですが、繰上げ返済が可能なのは原則としてATMでの返済だけというところが大半なので、それについて確認しておきましょう。

 

また、繰上げ返済の場合に振込み手数料はどうなっているのか注意しましょう。これは各キャッシング会社によって違うところですから、公式サイトなどで調べておくと良いでしょう。

 

返済が遅れたら怖〜い取立てが待っている?

次に把握しておきたいのは、万が一返済が遅れてしまったら?ということです。

 

返済が遅れたら…たちまちチンピラまがいのお兄さん達が自宅や職場にやってくるのでは!?と思う人もいるかもしれませんが、法律に則って業務をおこなっている会社の場合、それはあり得ません。

 

返済遅延があった場合、はじめはその借入先の会社のコールセンターより電話がきます。

 

「入金が確認できなかったため、お電話差し上げました。」といった、穏やかに連絡してきますから、必要以上に怖がることはありません。ですが、この電話は連絡が付くまで何度でも掛かってくるので、早めに出るようにしましょう。

 

それでも電話確認が取れないような状況が続くと、会社へ電話がきたり、家に郵便で催促状が来ます。

 

そうなる前に、返済日に指定の金額がどうしても用意できないのなら、こちらから返済スケジュールの相談をしましょう。

 

キャッシング会社も貸し倒れは困るので、きちんと返すつもりなのを認められれば、相談に乗ってくれるケースもあります。(※これは各キャッシング会社によります)

 

数日の遅延でも罰金はあります

数日くらいの遅延ならそんなに厄介なことにはなりませんが、遅延損害金というものが発生します。

 

キャッシング会社により異なりますが、一般的に「年率20.0%程度」で割り出された額が、期日に遅れた分だけ日割りでかかります。

 

ブラックリストに掲載されるまで

しかし一般的に「2〜3ヶ月以上の滞納」になると、事故情報が信用情報機関に残ってしまいます。この事故情報はブラックリストなどとも言われています。

 

こうした状態になると、ローンなどの審査は信用情報を調べるので、申込んでも通る可能性はほとんどありません。

 

それと、ローン以外のクレジットカードでも審査では信用情報機関のデータを調べられるので、ほぼクレジットカードを新しく作るのは無理でしょう。

 

この事故情報が消えるまでの期間については、各信用情報機関によるところはありますが延滞ならば一般的には5年です。

 

即日審査で即日借りるイマナビTOPへ→