目的別に使いこなす上級者は知っているキャッシングの3種類

誰でも突然やってくるお金のピンチ。そうした時に便利なキャッシングですが、3種類のタイプに区分されるのをご存知ですか?

 

  1. クレジットカードと一体になっているキャッシング機能
  2. CMを通して世間に認知されているアコムやアイフルといった消費者金融
  3. 近年注目度上昇中の銀行系

 

担保や保証人に関わらずお金を借りることができるという同様の特徴はありますが、その違いを正しく理解しないと正しい選択ができないこともあるので、それぞれの違いを頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

 

分かりやすい違いは「金利」

違いを知る上で、まずもって気になるのは、借入利息をどのくらい支払わなければならないか(=金利)の部分です。

 

貸金業法の下で括られるクレジットカードと消費者金融においては、意外にも同じくらいの金利設定がなされています。

 

一方で銀行系はというと、銀行法の制約を受けており、金利面では利用者の負担が少ないといった違いがあります。金利だけで見れば、銀行系が一番損をしないのではないでしょうか。

 

低金利のメリットを受けるにはそれなりのハードルも

低金利は理想ですが、その条件でキャッシングをする為には、それ相応の審査に通ってからです。

 

噛み砕いて言えば、低金利の銀行系キャッシングは、審査基準が厳しいため他の2つよりも融資を受けづらくなっています。

 

一般的に消費者金融であれば、「安定した収入がある人」というのが最低限の対象です。

 

フリーターや学生、パート主婦でもその人の収入に見合った金額であれば、審査に通るケースも珍しくありません。

 

しかし、銀行系の低金利というメリットを享受できるのは、それなりの審査がされるので、一般的に言えば「定職についている会社員」が対象であるといえます。

 

クレジットカードのキャッシングは実は最も損をする

キャッシング枠の付いているクレジットカードを既に持っているのであれば、それを利用すれば新たに申し込みをする手間が省けますね。

 

しかし、それでは高金利で借り入れをすることになります。余分な利息を負担する必要が出てきます。

 

消費者金融には無利息サービスがある

同じ貸金業法のくくりであるクレジットカードと消費者金融は金利も同じくらいであるという点に先ほど触れましたが、消費者金融によっては「一定の期間は無利息」という非常にお得感のあるサービスをしている所もあるんです。

 

その代表が世間に広く認知されているアコムです。

 

30日間は金利ゼロなので、その期間中に完済してしまえば、利息を一切支払う必要がないわけです。

 

たとえ全額返済には至らなくても、30日間の無利息があるのとないのでは最終的な利息金額はかなり変わります。

 

このようなサービスの存在を知らずに、ただ単に手軽だからというだけでクレジットカードのキャッシングを利用するのはなんか損している気がしませんか?

 

サービス面の充実は断トツで消費者金融

銀行よりも高い金利ではあるものの特有のサービスを提供していることと、即日で審査結果が出る、という点が消費者金融が支持されている理由です。即日キャッシングをしたい時には、便利で早い消費者金融をおすすめします。

 

その時々でのお金のニーズに合わせて、借入先を絞っていくことが利口な方法です。

 

でも、消費者金融ってちょっとイメージが…

どちらかと言えば消費者金融よりも、クレジットカードの方が馴染み深い…。という風に感じる人もいるかもしれませんが、先ほど説明した通り消費者金融もクレジットカードも貸金業法の管轄なのです。

 

よって、どちらも同じ貸金業者ですので気にする必要はありません。審査に用いる信用情報についても、ほとんどが同じ情報に基づいているのが実態です。

 

要するに、クレジットカードのキャッシングだろうが、消費者金融から融資を受けようが同じ貸金業者からお金を借りていると言うことです。

 

当たり前のことですが、債務不履行などが起こった場合、信用情報にその情報がわたるという部分も共通です。

 

消費者金融は怪しいという先入観だけで、融資を受けたくないと判断するのは、利息軽減にはなりません。

 

ちなみに、テレビでだれもが目にしたことがあるようなよく知られた大手消費者金融は、大手銀行のグループ企業であることも多く、法律を順守した金利で貸し付けを行い安全かつ安心な経営を行っています。

 

もし良くない噂が広まってしまったら、グループといった理由で、大元の銀行の評価にも関わってくる危険性がありますからね。

 

ただし注意点もあります。

 

誰もが知っているような消費者金融を利用するのは問題ありませんが、誰も知らないような消費者金融には近づかないことをおすすめします。

 

違法な貸金業者の可能性があります。中にはそういった闇金業者と言われる連中がいるのです。法律上貸金業者は登録が必要なのですが、それをしないで、貸付も異常に高い金利で行い、非常に厳しい取り立てが行われます。

 

貸金業を営むには法律上、様々な決まりがあります。法律で定められた金利を守ることの他に、法律は取り立ての方法についても厳しく取り締まっています。

 

一般的に「取り立て」というワードを聞いて考え付くような恐喝のような言動はしてはいけないと法で厳しく定められています。

 

CMなどで話題の消費者金融であれば、コンプライアンスには力を入れていますのできっと安心してお金を借りることができると思いますよ。

 

即日審査で即日借りるイマナビTOPへ→