即日審査はこうやって行われている

融資を受ける時、誰もが落とされてはいけない障壁と言えばキャッシング会社の審査。

 

お金を貸したとして、果たして返済できるかどうか?という点を審査するのが最大の目的です。借り入れ金額が数万円だとしても、借入審査を通らない限り現金を借りる事はできません。従って非常に大切な障壁といえます。

 

そこで、ベールに包まれているキャッシングの審査の過程を、ごく簡単にではありますが解説していきます。

 

即日審査に貢献した自動化

ほとんどのキャッシング業者では「スコアリング審査」という方式で、システマチックに申込者の返済力・信用力をジャッジします。

 

このスコアリングとは、申し込んだ人の職業や居住環境(勤続年数や居住暦も大切!)、年収という属性情報をスコアリングすることで基準値を作り、それをこれまでの顧客情報データベースと照らし合わせ、本当に返済能力を持ち合わせている人物かを半自動的に判別できるものです。

 

これによって『審査終了まで最短30分』という時間短縮効果だけではなく、審査通過の明確なボーダーラインができたので、必要なときにすぐにキャッシングを利用できるようになりました。

 

このスコアリングに無事に通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

スコアリングの補足

申込者の属性情報に基づいてスコアを作り、そのスコアと似た人物の利用実績を審査に活かすというもの。

 

属性情報とは?
  • 年齢
  • 独身か既婚か
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 雇用形態
  • 居住環境(持ち家か賃貸か)
  • 居住年数
  • 他社からの借り入れ状況

こうした属性情報を元にスコアリングし、自社の顧客データベースで「スコアが似た人物像」の傾向を算出する。
万が一、自分と似たスコアの人が過去に返済遅延を繰り返す傾向があると、自分の審査にも影響する可能性があるとも言われています。

 

スコアリングの次は多重債務者かをチェック

個人の各種ローン状況(キャッシング含む)を信用情報機関に参照し、現在どれだけの借り入れ状況なのか、今までに返済に関するトラブル(遅延や踏み倒し)が無かったかを確認します。

 

また、これには総量規制に当てはまる人物かを確かめる意図もあります。

 

総量規制の補足

総量規制は、自分の年収の3分の1以上の金額は借りられないという法律で、多重債務者の増加にストップをかけるのがこの総量規制の目的です。

 

ただし、この総量規制は貸金業法の一種です。従って対象となる項目は、主に消費者金融とクレジットカード会社からの融資です。

 

一般的なローン(車や住宅)は貸金業法と関係ないので総量規制の対象にはなりません。また、銀行から借りているお金についても無関係です。

 

最終審査は在籍確認

こうして審査が進んでいくと、最終段階として「在籍確認」が行われます。

 

この在籍確認とは、本当に申込者が申請した会社に籍を置いているのかを、実際に金融会社が電話をして確認を行うものです。

 

必ず金融会社名ではなく、担当者個人の苗字を名乗って電話がかかってくるので、キャッシングの在籍確認だとばれる心配はありません。

 

この電話のタイミングでたまたま席を外していたとしても、その会社に在籍している事実が確認できれば十分です。こうしたステップをクリアすれば、ほとんどのキャッシング会社で晴れて借り入れOKとなります。

 

まれにキャッシング会社によって多少違う点もありますが、概ねのような順番で審査は行われています。

 

即日審査で即日借りるイマナビTOPへ→