キャッシングの提出書類は意外と奥が深い

せっかく即日融資が可能なキャッシングに申込みしても、書類が不足していて慌てて用意したりしていてはダメです。本当にお金が必要なときに間に合わなくなるかもしれません。

 

時間と手間のロスをなるべく省くため、必要書類について事前に理解しておきましょう。

 

ちなみに本人確認書類がなくてお金が借りられるところはまずありえません。あるとしても、危ない闇金ぐらいのものなので、絶対に手を出さないで下さいね。

 

審査に影響する書類のアレコレ

キャッシングに必要書類を揃えることは、普通の成人した大人であれば難しい問題ではないです。

 

運転免許証かパスポート、健康保険証のいずれかを準備すれば、本人確認書類提出に関しては大丈夫です。
※キャッシングを申込む金融機関によって、本人確認書類として受け付けているものが違う場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

ただしほとんどは運転免許証か健康保険証なら通用するので、キャッシングをする際には準備しておきましょう。

 

また、単身赴任中などのときに、本人確認書類の住所と現住所が違う場合は、上記の身分証明書とあわせて、公共料金の領収書、各種税金の領収書、住民票の写しなど、現住所の確認できる書類が必要になるかもしれません。

 

収入証明書が必要になるケース

これらは誰でもキャッシングに申込みをした場合に提出する必要のある書類ですが、希望する借入れ金額が多いケースに必要とされるのが収入証明書です。

 

大半のキャッシング業者では、基準となる金額は50万円です。

 

また、会社員ではなく自営業の場合は、借入れ希望金額が50万円を下回っていても収入証明書を提出しないとならないケースもあります。

 

自営業は「一般的な会社員と比べて収入の実態が見えにくいため」ということが理由のようです。

 

この収入証明書は、借入金の返済にあたり十分な収入を得ていることを証明するために提出するものです。使われるのは確定申告書、源泉徴収票、住民税の通知書、給与明細などです。なお、このような書類は有効期限内の最新のものを用意する必要があります。

 

給与明細を用いる場合、偽造などを防ぐためにも発行年月日、企業名、受取人氏名が明記されていることや社印があることなどの一定の条件を満たすものでなければなりません。その上、1枚だけでは駄目でここ2〜3か月の分がいることもあります。

 

他社の借入れ状況や勤務形態などによっては、提出書類が複数要ることもあります。よって、キャッシングで借りたいのが50万円以上だったり、会社勤め以外の方の場合は、収入証明書を事前に用意しておけば審査の手続きがスムーズなので、即日に融資を受けられる可能性も高くなりますよ。

 

保険証が審査に有利になる!?

なお、条件によるものの、本人確認書類の提出の際には「健康保険証」の方がその後の審査で有利にはたらく場合もあります。

 

保険証の場合は、職業や年齢で発行元が異なっています。そのため保険証の種類により、ある程度の情報は分かってしまいます。

 

簡単に言えば、収入が安定しているとされる公務員の方と、収入が不安定なフリーターでは保険証が違うのです。だいたいは、誰もが入れる国民健康保険の場合は、融資の審査において価値があまり無いとされる傾向にあります。反対に、公務員だけが持てる公務員共済健康保険証は、融資においての身分証明書としてはプラスアルファの価値があります。

 

その次に、大半の会社員の方が持つ社会保険健康保険証が続くという風にみなされます。

 

公務員共済健康保険証→社会保険健康→国民健康保険

という順で、審査においてプラスアルファの価値があるとされています。

 

要するに、保険証で職業・勤務形態がだいたい分かるので、そこから返済能力についてもだいたいは予測できます。

 

手持ちの保険証の種類が、公務員共済健康保険証や社会保険健康保険証ならば、その保険証が返済能力を示すことにもつながるので、そのぶん審査がスピーディに進む可能性が高まります。
※とは言え、どのキャッシング会社でも必ず通用する保証はないですから、あくまでも予備知識です。

 

携帯よりも固定電話

またそれとは別に、携帯電話の他に固定電話もあるならば、連絡先には固定電話を使った方が審査が有利だと言われています。

 

誰でもすぐに使えるプリペイド式の携帯電話を連絡先にして、お金を借りて逃げてしまうという最悪のケースも考えられます。

 

それに比べて、自宅に固定電話を引いていれば、安易に住所を転々と変えることはしないであろう(=いつでも連絡が付く)という、裏づけになるのです。

 

全ては貸し倒れを避ける為

原則としてキャッシングというのは、担保や保証人を必要とせず本人の信用のみによる融資を行う消費者信用産業のひとつであるフリーローンなのです。

 

自分の返済能力に見合う金額内で、気軽にすぐに融資を受けられるのが何よりものメリットです。

 

よって、貸し倒れは絶対に避けたい事態なので、キャッシング業者の立場からすると本人と常に連絡がとれるようにするための情報は集めておきたいところです。

 

その情報になるのが必要書類であり、申込んだ際に書いたいろいろな個人情報というわけです。とは言えかつてと比べてみると、キャッシングはかなり簡単に利用できてしまいます。

 

申込みにもスマホが使えるようになり、必要書類もカメラのデータを送信するだけで提出可能になりました。急に現金が必要な事態になっても、いつでもすぐに借入れができてしまう今日のキャッシングを充分に活用する為にも、提出する書類については知っておくことがおすすめです。

 

即日審査で即日借りるイマナビTOPへ→